カードローンの審査の甘さは審査通過率の高さと同じ

審査に通るための情報が書かれていますので最後までしっかりとお読みください。

大きな買い物や旅行などの急な出費、子どもの入学や進学、習い事など、多額の資金が必要になってしまう場面があります。そんな時に頼れるのが、カードローンです。 しかし申込者の属性や状況によっては、借り入れを断られてしまうこともあります。審査に通りやすくなるためには、審査が甘く借りやすい会社の特徴を知っておくことがポイントです。

審査が甘いカードローンと言うのはないが。。。

カードローン会社を選ぶためには、まず審査内容を知っておきましょう。

借り入れにあたっては申込者の返済能力が審査されますが、具体的に注目されるのは「収入・他社の借り入れ状況・過去のトラブル」という3点です。

収入については、安定した年収や雇用状態があるかどうかがポイントとなります。たとえば正規雇用で長年勤務している人は、比較的審査が通りやすい傾向にあります。

また年収400万円の人でも、月30万前後を定期的に得ている人と、月によって数万~数十万までばらつきがある人とでは、審査の通りやすさが異なります。さらに、他社での借り入れの有無も、申込者の返済能力に関わるとしてチェックされます。

複数のカード会社から借り入れしている人は、そうでない人より返済能力が低いとみなされることがあります。

さらに、過去に返済の焦げ付きがあったり、債務整理を経験したりしている場合も、返済能力が低いとみられてしまいます。トラブルの内容によっては、審査が通らないこともあると覚えておきましょう。

カードローンの審査に通るために押さえるべきポイントとは?

審査内容をふまえると、会社選びにあたっては、まず「自分の収入状況」「他社の借り入れの有無」「過去のトラブルの有無」という3点をチェックすることが大切です。

ただし職が不安定な人や主婦・学生でも、ローンの契約をしたいという人もいるでしょう。またカード会社との新規契約のために、他社との借り入れ数や借り入れ総額を減らしても、数年間は審査が厳しくなってしまうことがあります。

こういった属性や状況は、自身の力だけではなかなか変えられません。そのため比較的ローン契約をしやすい会社を選ぶことが重要になってきます。

審査が甘いと感じる借りやすいカードローンの見分け方には、いくつかのポイントがあります。

まずは審査通過率の高いカードローンを選ぶことです。また積極的にサービスや広告を展開し、顧客を得ようとしている会社であれば、審査も通りやすくなる傾向があります。

特に、金利を低めに設定している会社は、幅広い年収や属性の人をターゲットにしているため、主婦や学生でも申込みが可能となるケースがあります。

借りやすい会社はどこ?

これらのポイントを総合すると、まずは銀行系のカードローンが挙げられます。

銀行系カードローンは50万円までなら収入証明書の提出が不要であったり、融資までの速さやや手数料の低さをアピールしながら様々なサービスを展開しています。

こういった会社では、審査内容が比較的ゆるいと知られているため、低年収の人や非正規雇用者、主婦や学生でも申し込む人が多くいるのです。

また銀行の中でも、地方銀行よりメガバンクの方が審査は通りやすい傾向にあります。この点については、事業規模の違いが背景となっているためと考えられています。

またカード会社によっては、審査通過率を公開しているところがあります。審査通過率が高ければ、審査が通りやすい会社であるため、あらかじめ企業HPなどで情報収集してみるのも良いでしょう。

同じ属性であっても、銀行か他の金融会社か、メガバンクか地方銀行かなど、申込先によって合否が異なっています。

そのため、最初に申し込んだ会社で断られても、ご紹介したようなポイントを押さえつつ、借りやすそうな他会社を探してチャレンジしてみると良いでしょう。

photo


 


ページトップに戻る